カート

ROAST

ACIDITY

BITTERNESS

2,500円(税抜)以上をお買い上げ頂いたお客様へ送料無料でお届け致します。 2,500円(税抜)以上をお買い上げ頂いたお客様へ送料無料でお届け致します。

挽き目を使い分ける理由とは?

投稿:Rohan Mehta 日付:

コーヒーの抽出とは、本質的に、コーヒー豆から溶け残った固体を取り除くことです。この作業には、お湯と挽いたコーヒーが必要となります。1杯のコーヒーを淹れる時、考慮しなければならないポイントが2つあります。それは、コンタクトタイム(お湯と粉が接触する時間)と粒度(挽いたコーヒー豆の粒の大きさ)です。この2つのポイントには相関関係があり、好きなコーヒーの飲み方を決める時に心に留めておく必要があります。

抽出率は、私たちがコーヒーと呼ぶ最終形態を作り出すため、多かれ少なかれ、お湯を使うことで取り出されるコーヒーの固形部分の分量により、単純に決定されます。粒度の表面積全体と平均表面積に応じて、抽出速度が速くなるか遅くなるかが決まります。そして、参考にするレシピにより、抽出率がより高くなるか、あるいはより低くなるかが変わってきます。コーヒーを細く挽くほど、お湯とコーヒー粉の接するコンタクトタイムが増えます。つまり、(単純に考えると)お湯と接する時に、コーヒーの粒度がより小さければ、より簡単に抽出されるということです。コーヒーを粗く挽くほど、それとは真逆に作用します。ただし、甘さとコクの両方を兼ね備える1杯を作り上げる、完璧かつ均等な抽出条件を編み出すため、最適な挽き具合と最適な抽出時間のバランスを模索するという遊び方もできます。完璧なコーヒーを淹れるということは、完全に、人それぞれの理想的な濃さ、または抽出率、およびフレーバーに対する考え方によるものです。挽き目が細すぎたり、コンタクトタイムが長すぎたりすると、ひどい味わいで、苦みのある飲みにくいコーヒーが出来上がります。同様に、挽き目が粗すぎたり、抽出時間が短すぎたりすると、過剰な酸味に、薄く、そして抽出が不十分なコーヒーになります。

フレンチプレス、または私たちが提案するチャンニコーヒーの方法でコーヒーを淹れている方は、お湯とコーヒー粉のコンタクトタイムが、フィルターを使う方法の平均時間よりも長くなるため、粗めに挽いたコーヒーを使用してください。粗めに挽いたコーヒーを加えることによる利点は、抽出が終了した後にコーヒー粉を引き上げやすいという点です。豆があまりにも粗く挽かれていたり、コンタクトタイムが短すぎたりする場合は、薄く酸っぱいコーヒーになってしまいます。

コーヒーを過剰に抽出してしまった、または抽出が足りなかったという場合、どう対処しますか?そんなときは、レシピを微調整してみましょう。淹れたコーヒーが抽出不足(酸っぱさ、薄いと感じる)なら、抽出時間を長くします。コーヒーを抽出しすぎた(灰のようなにおい、苦みがある)なら、抽出時間を短くします。

私たちは、コーヒーミルに出費して、コーヒーを淹れる直前に豆を挽くことをおすすめします。挽きたての豆を使用することで、コーヒーを飲むときに、最も生き生きとしたフレーバーとアロマを感じられるはずです。コーヒーミルを手に入れられないという方も、ご心配には及びません。私たちのウェブサイトより、すでに挽いた状態の豆をご注文いただけます。私たちのウェブサイト上の挽き目は、それぞれの抽出方法に対応しています。挽き目の項目で『フレンチプレス』を選択された場合、フレンチプレスやチャンニコーヒーの抽出方法に最適な、適度な粗さでコーヒーをお挽きします。『エスプレッソ』の挽き目を選択された場合、コーヒーを非常に細く挽き、エスプレッソマシンを含む、高圧力かつ短時間で抽出する器具に最適な挽き目にします。

Grind Size Chart - Buy Freshly Roasted Coffee Beans Online


古い記事 新しい記事