カート

ROAST

ACIDITY

BITTERNESS

2,500円(税抜)以上をお買い上げ頂いたお客様へ送料無料でお届け致します。 2,500円(税抜)以上をお買い上げ頂いたお客様へ送料無料でお届け致します。

焙煎レベルの違いについての基本知識

投稿:Rohan Mehta 日付:

コーヒーは、まず、コーヒーの木の花の種として生まれます。そのような種や生豆には、焙煎したコーヒー豆にあるような特性がありません。硬く、青臭いものなのです。ところが、生豆は焙煎されると数々の化学変化の影響を受けます。生豆は、厳しく管理された環境の下で、非常に高温かつ正確な温度で加熱されてからすぐに冷却され、目標とする焙煎レベルまで仕上げられます。

焙煎度合いは、ライトロースト(浅煎り)、ミディアムロースト(中煎り)、ダークロースト(深煎り)という、3つの基本カテゴリーに分類されます。

Coffee Roast Levels - Buy Freshly Roasted Coffee Beans Online

 

ライトロースト:コーヒー豆が薄茶色に色づきます。焙煎士は、コーヒーを浅煎りにするために最適な焙煎時間と焙煎温度を、非常に慎重に決定します。それは、コーヒー本来の特性を可能な限り引き出し、高めるためです。最適な条件で焙煎を行うことで、最終的にコーヒーを淹れた時に、ライトで甘く、フルーティーな酸味が生まれ、お客様は、こうした素晴らしいコーヒーチェリーを摘み取っているかのような錯覚に陥ることでしょう。グンギリ産地のアラビカ種には、ミックスフルーツのジャムのようなフレーバーがあり、このような豆本来の特性は、ライトローストにすることで引き立ちます。通常、ライトローストのコーヒーは、プアオーバー、エアロプレス、コールドブリュー、サイフォン等の抽出方法で使用されます。

ミディアムロースト:コーヒー豆は、ライトローストよりもわずかに濃い茶色になります。一般的には、エスプレッソ系ドリンクに好んで使用されます。ミディアムローストには、幅広いフレーバーを引き出し、生豆が持つ本来の特性に影響を与えるような、豆の開発水準を高める力があります。ミディアムローストのコーヒーにみられるフレーバーは、チョコレート、ブラウンシュガー、バター風味の焼き菓子、そしてキャラメルのようなにおいです。ミディアムダークローストは、ミディアムローストよりも濃い色合いで、ココアのような甘さ、強いコク、そして味わい深い後味を含む特性を持っています。アッティカン産地のアラビカ種には、甘く、ナッツのようなにおいとバランスの取れた酸味があります。

ダークロースト:コーヒーがツヤのある黒色になり、はっきりとした苦みが現れます。コーヒー本来の特性は、焙煎の過程に影響を受けて薄れていきます。ダークローストにすればするほど、コーヒー本来の特性は弱くなり、そのような豆を使用して抽出したコーヒーにはほとんど酸味がなく、非常にまろやかな舌触りとなります。私たちが取り扱っているVienna Roastは、酸味がほとんどなく、絶妙なフルーティーさが感じられるブレンドとなっています。

コーヒーの焙煎レベルが低いほど、抽出した時に豆の特性が際立つようになります。焙煎レベルは、単に日々淹れたいコーヒーを選ぶときに意識すべき特徴というだけではなく、個人の好みに基づいて選ぶ特徴なのです。ブラックコーヒーがお好きな方には、ライトローストとミディアムローストがおすすめです。コーヒーにミルクを入れるのがお好みの場合は、まずミディアムローストから始めて、深い味わいと濃さが感じられるように焙煎されたダークローストへと、順を追ってお試しいただくのがよいでしょう。私たちの願いは、お客様がどのコーヒーを選ばれても、私たちが提供する様々な焙煎状態から、それぞれが生み出すフレーバーを楽しんでいただくことです。


古い記事