カート

ROAST

ACIDITY

BITTERNESS

2,500円(税抜)以上をお買い上げ頂いたお客様へ送料無料でお届け致します。 2,500円(税抜)以上をお買い上げ頂いたお客様へ送料無料でお届け致します。
Altitude

975 - 1220m

キネケレ産地

キネケレ産地は、Beranagodu氏の一族が150年近く管理し続けてきました。ここは、海抜4000フィート(約1219m)の高さに位置しており、クジャクヤシの木が農場のあちこちで見られることから、カンナダ語でクジャクヤシを意味する『キネケレ』と名付けられました。この農場では、コショウ、ビンロウ、シルバー・オーク、マンゴー、そしてオレンジを含む様々な種類の木々と植物たちが高く生い茂り、アラビカ種とロブスタ種の木のシェードツリーとなっています。こうした環境により、微気候(地表近くの気候)の状態、土壌肥沃度、および産地全体の持続可能性が大幅に向上しています。

キネケレ産地は、異なる高度と地形の2つの農園から成っているため、フレーバーの異なる複数のコーヒーの品種を同時に栽培することができます。アラビカ・カティモール、S795、No.6、そしてヘマバティという品種が、すべてここで栽培されています。この産地では、ナチュラルプロセス、ウェットプロセスおよびハニープロセスを採用しており、スタッキングトレーと乾燥機を併用することで、安定した品質を維持しています。

敷地内には小川が流れており、水車を使い、一貫した、クリーンで、ダムを使用せず、再生可能な電力を効率よく生み出すことで、農場のインフラを支えています。産地のスタッフには、居住区、無料の電気と水道、そして医療施設が提供されています。

キネケレ産地は、1999年からヨーロッパへコーヒーを輸出し続けており、その生豆の品質の高さから、illy(イタリアの世界的コーヒーブランド)から数々の表彰を受けています。